定期的

パワーストーンを身につけていると逆効果になってしまうのか

パワーストーンは様々な効果がありますが、知らないところで持っているだけで逆効果になってしまうこともありますので、自分が持っていてどの石が逆効果になってしまうのかを理解して、逆効果にならないようにパワーストーンを使い分けるようにしましょう。
基本的にパワーストーンは自分の手元に届くまで様々な人の手を渡っているので、様々な気を吸い取っているので、良い気ばかりではなく、悪い気も吸収している状態できますので、そのまま使ってしまったら悪い気のせいで逆効果になってしまいます。
逆効果になってしまったら運気が良くならずに悪くなってしまい様々な場面でマイナス効果になってしまいます。

他人の悪い気のせいで逆効果になってしまっているパワーストーンを利用するときには必ず浄化することが重要になりますので、石を浄化する方法をしっかり理解してからストーンを身につけるようにしてください。
最初は石を浄化することに対して違和感を覚える人もいますが、浄化をすることで悪い気を取り除いて、石が持つ本来の効果を最大減に引き出すことができるので、購入時に洗浄するだけではなくて、月に1回はストーンを洗浄してあげてクリアな状態を常に保つことが重要になります。

どのように浄化をするのかというと、一般的な方法として月の光を浴びせる方法が知られていて、満月の光が強い日に1時間ほど月の光にあてて月光浴をすることで、悪い気を取り払うことができて洗浄することができます。
月以外にも水晶の上に置いて洗浄するのも効果的で、水晶はパワーストーンの中でも浄化の石と言われていてとても浄化の高い効果を期待することができる石として、様々な石を浄化することができます。
この他にも流水に浸しておく洗浄方法は誰にでもできることで、一番簡単な浄化方法と言われていますので、満月の光が強い日に合わせるのが難しい場合や、水晶を持っていない人などは流水に浸しておきましょう。